確定申告書を代行依頼をして作成してもらう際の注意

確定申告を自分で行うのは大変な場合があります。白色申告ならば難しい帳簿作成ができなくても、領収書を整理して、税務署のサイトに繋いで画面の表示の通りに入力すれば済むことがあります。

青色申告の場合は、最高で65万円の控除を受けることができ、節税にもつながります。しかし、帳簿作成や内訳書等の書類の作成をしなくてはいけません。ある程度簿記の知識がある方でしたら、帳簿の作成は可能としても、添付書類の作成が難しい場合があります。

煩雑な確定申告書の代行を依頼することもできますが、その際は税理士に頼まなくてはいけません。友人や知人、格安料金で引き受ける無資格者に代行を頼むと法律違反になり、最悪の場合は逮捕されてしまう事態に発展する可能性もあります。

税理士は、税務に関する事務処理の代行ができる資格と定められていて、全ての税金の申告や申請の代行ができます。税理士以外にも、公認会計士や弁護士で税理士名簿に記載されている人が、確定申告等の税務の代行を行えます。

確定申告の作成だけを依頼することもできますし、経営状態を把握しやすくするように月々の帳簿記入業務の代行や、経理担当者がいる場合は、帳簿記入の指導や相談業務にも応じてもらえます。

個人事業主 確定申告

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ